|| What's new

2018/2/19

2018年4月末に予定しているフランス人リコーダー奏者 ジュリアン・マルタンさんとの公演チケットは間もなく発売になります。
お越し下さる方は木の器ホームページをチェックしていて下さい。

ジュリアン・マルタンさんの略歴をこのページに掲載させて頂きました。



2018年3月27日(火) に東京・春・音楽祭のコンサートに出演させて頂きます。
NHK-FM「古楽の楽しみ」で共演させて頂いたリュート奏者の佐藤亜紀子さんとバロックチェロの橋弘治さんと
演奏させてもらいます。同時開催のプラド美術館展にちなんだプログラムを予定しています。

詳細、チケットのお申し込みはこちらからお願いします。 → ミュージアムコンサート 「プラド美術館展 記念コンサートVol.2」

上野の国立西洋美術館の講堂が会場なのですが、コンサートのチケットをお求め頂くとプラド美術館展もご鑑賞頂けます。
  → プラド美術館展の情報  国立西洋美術館


2018年4月後半にパリから気鋭のリコーダー奏者 ジュリアン・マルタン(Julien Martin)さんをお招きしてコンサートを計画しています。
マルタンさんはチェンバロ奏者のスキップ・センぺ氏が率いる古楽アンサンブル カプリッチョ・ストラヴァガンテのメンバーで
フランスを中心に世界的に活躍されている奏者です。

ジュリアン・マルタンさんお演奏はこちらで聞くことができます → H. パーセル フルートのためのエア、 G.Ph. テレマン パリ四重奏曲、 J. オトテール ロンドー

今回はテレマンが1727年にハンブルクで出版した二重奏のリコーダーソナタ全曲やフランスの二重奏、室内楽のプログラムを考えています。
テレマンの二重奏はいつ演奏しても純粋に喜びが感じられる曲で、本当に名曲中の名曲だと思います。
フランスの室内楽のプログラムは大好きなオトテール、フィリドールの二重奏の組曲を入れたいと思っています。

4月20日(金)がテレマン二重奏、21日(土)がフランスの室内楽となっています。
どちらも東京オペラシティ 3F 近江楽堂です。



ジュリアン・マルタンさんプロフィール
リコーダーをリヨン国立高等音楽院にてピエール・アモン、アムステルダム音楽院にてワルター・ファン・ハウヴェ、
ミラノ音楽院にてペドロ・メメルスドルフの各氏に師事。
2000年からチェンバロ奏者 スキップ・センペ氏率いるカプリッチョ・ストラヴァガンテのメンバーとして
ヨーロッパ各地、アメリカで多数公演を行う。
ルネサンスからバロックまで様々なレパートリー、編成でパラディソレーベルからCDをリリース。
また定期的にアンサンブル・ピグマリオンの公演に参加する他、G.レオンハルト、R.ヤーコブス、W.クリスティ、
M.ミンコフスキー、H,レーヌ、C.プルハール、S.ドゥースといった指揮者の下、コンサートや録音に参加している。
現在、パリ近郊のルヴァロワ ペレ音楽院の古楽科で後進の指導を行っている。

2012/02/22

ホームページを新しくしました。