|| What's new

2018/5/11


Ut/Fa コンサート

2018年6月9日(土)にUt/Faのコンサートを近江楽堂で開催します。
今回はバロックヴァイオリン奏者の渡邉さとみさんをゲストにお迎えして
18世紀フランスの作品を中心に演奏します。

渡邉さんはレザールフロリッサンアンサンブル ピグマリオンなどフランス屈指の古楽オーケストラで活躍し、
帰国されて間もないヴァイオリニストです。
バルセロナで同じ学校に通い、2005年にW.クリスティ指揮のアンブロネ オペラプロジェクトで一緒になったり
いろんなところでご縁のある友人です。

渡邉さんの演奏は繊細な部分までとても優美に表現されるのですが、
曲全体としては雄弁且つダイナミックな表現で、あっという間に惹きこまれてしまいます。
全ての音に気の行き届いた演奏を是非、生で体感して頂きたいと思います。
ナタリー・シュトゥッツマンとバッハのアリアを演奏されている映像がありますのでご覧下さい。→ バッハ アリア 『憐れみたまえ、わが神よ』

デュパールの組曲第3番とクープランの王宮のコンセール第4番が
ヴァイオリンとのアンサンブルでできるのが楽しみです!
皆様のご来場お待ちしています。

チケットのお申し込みはこちらからお願い致します。
木の器
ライブポケット



6月に2つの劇音楽

初夏の子どもコンサート ガリバー旅行記

朗読音楽劇 『ハーメルンの笛吹きおとこ』、『ブレーメンの音楽隊』で演奏させて頂いた
福井県立音楽堂 ハーモニーホール ふくい で6月に新作 『ガリバー旅行記』の公演があります。
音楽は笠松泰洋さん、演出、振付は広崎うらんさん、そして朗読は俳優の鶴見辰吾さんが担当されます。
公演前半がバロック音楽の演奏、後半が音楽朗読劇『ガリバー旅行記』になります。
地元の子供たちの心のこもった熱い演技と鶴見辰吾さんの迫力ある朗読には毎回惹きこまれます。
ぜひお越し下さい!

→ 音楽朗読劇 『ガリバー旅行記』


劇団四季 恋におちたシェイクスピア

劇団四季の新作公演  『恋におちたシェイクスピア』 の音楽を担当されている笠松泰洋さんの曲を
演奏させて頂くことになりました。観劇の際には音楽もどうぞお楽しみ下さい。

→ 劇団四季 『恋におちたシェイクスピア』



謎解きバロック

2018年9月14日 木の器コンサート 新シリーズ 第1弾を予定しています。
音楽学の藤原一弘先生にバロック音楽のわかりやすい解説をして頂きながら演奏をします。
普段、何気なく聞いていたことにこんな深い意味があったのか!! と驚きの連続だと思います。
バロック音楽がより面白く、興味深いものとして感じて頂けたらと思い立ち上げた企画です。
堅苦しい内容ではありませんので、どうぞ気楽にお越し頂ければと思います。

詳細が決まり次第、コンサートのページに更新していきます。



子供の頃、吉澤実先生に師事してリコーダーを始め今年でちょうど30年。
(尺八も同じ年に習い始めて現在も続けているので30年になりました)

自分にとって記念の年なので、6月23日の生徒さんの発表会の後、演奏をしたいと思います。
思い出の曲をいろいろ演奏したいと考えています。

2012/02/22

ホームページを新しくしました。